読み取りパスワードロックのかかったExcelを操作、または作成する方法

フォローする

VBSとコマンドを使用してロックの解除を行うことが可能です。

BizRobo!ポータルの製品>BizRobo!Basic>アドオンパッケージ と 補助ツールの『Excelパスワード設定・解除モジュールに添付されているZIPファイル内のファイルを参考に作成してください。

ご利用の前に、あらかじめ以下の点をご了承いただきますようお願いいたします。

 

モジュールについて

  • モジュールを入手するにはBizRobo!PORTALアカウントが必要です。詳しくはこちらを参照してください。
  • モジュールは、DSでの実行を想定して作られています。MCでは実行権限の違いがあるため、お客さま環境で動作確認をお願いします。詳しくはロボットの実行権限についてを参照してください。
  • モジュールの動作保証はいたしかねます。お客さま責任にてダウンロード、ご活用お願いします。

 

「Excel_Password.zip」について

  • 添付ファイル「Excel_Password.zip」はOfficeのバージョンなどによってはそのまま使用できない可能性があるので、状況に応じて修正してください。
  • 「Excel_Password.zip」はパスワードを解除したExcelのコピーファイルを作成します。作成されたコピーファイルの取扱いに関してはお客様責任にてお願いいたします。
  • ZIPファイルのLibraryフォルダ配下には2つのフォルダが格納されています。mceclip0.png
  • それぞれロボットファイル(.robot)の他に付帯部品としてSnippetファイルとTypeファイルが格納されています。

    ▼Lockフォルダに格納されたSnippetファイルとTypeファイルmceclip0.png

 

■Lock.robot

読取パスワードロックの掛かったExcelファイルを作成します。
(入力ファイルと同階層に__locked__というprefixのついたファイルとして出力します。)

■Unlock.robot

読取パスワードロックの掛かったExcelファイルのパスワードを解除したコピーファイルを作成します。(入力ファイルと同階層に__unlocked__というprefixのついたファイルとして出力します。)

 添付ファイルの中身を確認する、または使用する場合にはそれぞれのフォルダに入っているSnippetファイルとTypeファイルを対象のRobotファイルが格納されているProjectフォルダ配下にコピーしてください。

配置した後、Snippetを対象ロボットで呼び出す前に、Snippet内に設定されている「Debug_Input」という変数に下記2つの値をセットして下さい。

pw_read:読取パスワード
・input_file:該当ファイルのフルパス

注意事項

書き込みパスワードが掛かっているExcelファイルを実行した場合、実行環境の画面に書き込みパスワード入力のプロンプトが表示され、処理が中断してしまいます。

参考記事

Windowsのサービスに登録したRSでExcelマクロを実行させる設定

4人中3人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。