「メール送信(Send Mail)」ステップで、本文中にExcelの表を記載する方法

フォローする

下記は「HTMLとして抽出(Extract As HTML)」ステップを使用してスプレッドシートのデータを抽出し、「メール送信(Send Mail)」ステップの「メッセージ」項目に設定する手順です。参考にしてください。

手順

1.スプレッドシートをウィンドウズビューに表示させる。
2. 「HTMLとして抽出(Extract As HTML)」ステップを追加する。
3.メール本文に記載したい箇所を「ファインダー」タブの「範囲」項目に設定する。

mceclip0.png

4.「アクション」タブの変数にHTML、またはLong Text型の変数を設定する。

mceclip1.png

5.「メール送信(Send Mail)」ステップを追加する。
6.「メッセージ」項目に手順4の変数を設定する。
7.「メッセージタイプ」項目で「HTML」を選択する。

mceclip2.png

8.送信元アドレスやサーバ情報を入力する。

▼受信したメール画面

mceclip4.png

 

注意事項

・使用するメールソフトによっては正しく表示されない可能性があります。

・「HTMLとして抽出(Extract As HTML)」ステップで出力した列幅は40pxとなり、文字数によって列幅が
 変動するため、出力前の書式設定を引き継ぎません。
 HTMLとして出力した後に、列幅を手動で設定する必要があります。

<例>列幅を80pxへ変更

  ■変更前


<style type="text/css">
table{border-collapse: collapse; border: 1px solid #c0c0c0; }
td{border-left: 1px solid #c0c0c0; border-top: 1px solid #c0c0c0; width: 40px;}

  ■変更後


<style type="text/css">
table{border-collapse: collapse; border: 1px solid #c0c0c0; }
td{border-left: 1px solid #c0c0c0; border-top: 1px solid #c0c0c0; width: 80px;}


・「HTMLとして抽出(Extract As HTML)」ステップで出力したHTMLには、
タイトル名にシート名と範囲が入力されるため、メールに添付する際は手動で削除してください。
上記、「受信したメール画面」を例とした場合は下記の部分を削除します。

<html>
 <head>
  <title>
   [Sheet1!A1:B7]
  </title>

参考記事

Excelファイルより、「HTMLとして抽出(Extract As HTML)」ステップで出力した書式設定が一部反映されない

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。