BizRobo! Launcherのカレンダーの設定方法

フォローする

BizRobo! Launcherのカレンダーを設定するためには、ダウンロードした会社カレンダーを編集し、BizRobo! Launcherにインポートする必要があります。また、インポートした会社カレンダーのエクスポートも可能です。

それぞれの手順については下記を参考にしてください。

<対象バージョン>
BizRobo! Launcher Ver.3.0以降

<前提条件>
BizRobo! Launcherが起動している。

手順

■会社カレンダーのダウンロード

1. BizRobo! Launcher のメニューバーから「ツール」>「カレンダー管理」をクリックする。

2891_01.png


2.「会社カレンダー管理」画面で、「会社カレンダーをインポート」ボタンをクリックする。

2891_02.png


3.「会社カレンダーをインポート」ダイアログで「ダウンロード」ボタンをクリックする。

2891_03.png


4.「フォルダーの選択」ダイアログで、任意のダウンロード先を選択し、「フォルダーの選択」ボタンをクリックする。
※ダウンロードされるファイル名は「template.csv」です。

「template.csv」を下記の形式で編集することで、休日や営業日の個別指定ができます。
なお、サポートしている文字コードは UTF-8 のみです。「template.csv」を編集する際は文字コードに注意してください。

A列:日付 (yyyy/M/d)
B列:種別 (1:祝日 2:休日 3:営業日)
C列:コメント(未記入でも問題ありません)

<例>2020年5月1日(平日)を「休日」にする場合

2891_04.png



■会社カレンダーのインポート
「template.csv」をBizRobo! Launcherにインポートすることで、編集内容を反映することができます。

1. BizRobo! Launcher のメニューバーから「ツール」>「カレンダー管理」をクリックする。

2.「会社カレンダー管理」画面で、「会社カレンダーをインポート」ボタンをクリックする。

3.「会社カレンダーをインポート」ダイアログで「開く」ボタンをクリックする。

4.「開く」ダイアログで、編集した「template.csv」を選択する。

5.「OK」ボタンをクリックする。

2891_05.png


<例>2020年5月1日を「休日」に編集した「template.csv」をインポートした場合

・インポート前

2891_06.png

 

・インポート後
編集した内容が反映され、2020年5月1日が「休日」の表示に変わります。

2891_07.png



■会社カレンダーのエクスポート

1. BizRobo! Launcher のメニューバーから「ツール」>「カレンダー管理」をクリックする。

2.「会社カレンダー管理」画面で「会社カレンダーをエクスポート」ボタンをクリックする。

2891_08.png


3.「会社カレンダーをエクスポート」ダイアログで、「エクスポート年」項目のプルダウンから任意の年を選択する。

4.「OK」ボタンをクリックする。

2891_09.png


5.「sava file」ダイアログでエクスポート先を選択し、任意のファイル名を入力して「保存」ボタンをクリックする。


カレンダーを使用してロボットをスケジュール登録する方法については『BizRobo! Launcherでカレンダーを使用してスケジュール登録する方法』を参照してください。


注意事項

・毎年10月頃に翌年の一般的なカレンダー情報をBizRobo! PORTALに公開します。こちらからダウンロードしてください。
※リンク先へのアクセスは、BizRobo! PORTALのアカウントが必要です。詳しくはこちらを参照してください。

・BizRobo! Launcherのバージョンが3.1.0以前の場合、「template.csv」をインポートしてカレンダーに反映した内容が初期値に戻りません。
初期値に戻す場合は、「template.csv」にて対象の種別を初期値と同じものに変更してインポートしてください。または、Ver.3.1.1へのバージョンアップを検討してください。

<例>2020年5月1日を「休日」から「出勤」に戻す場合

2891_10.png

 

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。