起動するManagement ConsoleとRoboServer毎にログファイルを分ける方法

フォローする

デフォルトではMC(Management Console)もRS(RoboServer)も「YYYY-MM-DD hh_mm_ss RoboServer.log」の形式でログが出力されるため、1秒以内にMCとRSが起動した場合や、複数のRSが起動した場合はログファイルは1つしか作成されません。

MCや複数のRS毎に別々のログファイルを作成したい場合は、以下を参考に設定変更いただき、MC,RSを再起動下さい。

・設定変更ファイル:C:\Users\{UserName}\AppData\Local\Kapow\{Version}\Configuration\log4j.properties"
設定変更前(デフォルト)

 :
log4j.appender.file.maxFileSize=10MB
log4j.appender.file.File=C\:\\Users\\{UserName}\\AppData\\Local\\Kapow\\{Version}\\Logs\\${logFileName}

設定変更後

 :
log4j.appender.file.maxFileSize=10MB
log4j.appender.file.File=C\:\\Users\\{UserName}\\AppData\\Local\\Kapow\\{Version}\\Logs\\${logFileName}_${wrapper.pid}.log

ログファイル出力例
※<YYYY-MM-DD hh_mm_ss RoboServer.log>_<プロセスID>.logの形式でログファイル名が設定されます。

2019-07-31 13_06_26 RoboServer.log_19888.log
2019-07-31 13_06_26 RoboServer.log_6860.log

注意事項
MCはデフォルトではほとんどログが出力されないため、上記の設定を実施してもログ出力がない場合があります。
MCのログ出力を確認されたい場合は、一時的にでも下記ナレッジのDebugモードでのログ出力設定を

MCサーバ上で設定いただき、ログが出力される事をご確認下さい。

<参考ナレッジ>

MC/RS/DSのログレベルを変更する方法

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。