Out Of Memory発生時、ロボットファイルが消える事象が10.2.0.3の修正バージョン以降でも発生する

フォローする

10.2.0.2以前のバージョンで、Design StudioでOut Of Memoryが発生した時、ロボットファイル(.robot)、バックアップファイル(.robot~)が消える不具合がありました。

この不具合は、10.2.0.3以降のバージョンで修正されており、バックアップファイルが必ず残るようになっております。
※ロボットファイルが消えることはあります。

Problems resolved in 10.2.0.3
========================================
ID Title
 
FR-8040 Bug: If Design Studio crashes with an out of memory error the robot files are sometimes deleted

しかしながら、10.2.0.3以降でも、ロボットファイル、バックアップファイル共に消える事象が報告されております。

弊社での検証では事象の再現および原因の特定ができておらず、10.2.0.3以降でもロボットファイル、バックアップファイル共に消える可能性がございます。
現状、この事象を回避する方法はございません。

申し訳ございませんが、定期的に手動でロボットファイルのバックアップを取得頂き、万が一ロボットファイルが消えても復元できるようにしてください。
※バックアップファイル(.robot~)が残っている場合、下記ナレッジの方法で復元可能です。

Design Studioでロボットファイルが消失した際の復旧方法

また、この事象が再現した際には、調査の一助となりますので以下2点を共有ください。

  • ロボットファイルの保存先フォルダのキャプチャ(DSのプロセスを終了する前に取得下さい)
  • 事象発生日時とダンプファイル(以下フォルダ配下一式)
    ※場所:C:\Users\<ユーザー>\AppData\Local\Temp\Kapow
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。