ウィルス対策ソフト(セキュリティソフト/アンチウイルスソフト)導入時の対応

フォローする

概要

BizRobo! Basic では特別な設定はありません。
ただし、ウィルス対策ソフトが動いていることで、DAへの接続が出来ないor不安定になることや、McAfeeではMCに接続できない等、エラーが発生した事例がありました。
上記よりエラーが発生する可能性があることから、以下のリストに記載のフォルダを除外ください。

除外リスト

※デフォルトインストール時のフォルダ構成を記載しております。
 変更している場合は、ご利用の環境に合わせて変更してください。

RoboServer 端末

  • インストールフォルダ
    • C:\Program Files\Kapow [バージョン]x64
    • C:\Program Files (x86)\Kapow [バージョン]x32
  • アプリケーションデータフォルダ配下
    • 10.4以前:\Users\{実行ユーザー}\AppData\Local\Kapow\[バージョン]
    • 10.7以降:\Users\{実行ユーザー}\AppData\Local\Kofax RPA\[バージョン]
    • 10.3以降:\Users\{実行ユーザー}\AppData\Local\JxBrowser

Design Studio 端末

  • インストールフォルダ
    • C:\Program Files\Kapow [バージョン]x64
    • C:\Program Files (x86)\Kapow [バージョン]x32
  • アプリケーションデータフォルダ配下
    •  10.4以前:\Users\{実行ユーザー}\AppData\Local\Kapow\[バージョン]
    • 10.7以降:\Users\{実行ユーザー}\AppData\Local\Kofax RPA\[バージョン]
    • 10.3以降:\Users\{実行ユーザー}\AppData\Local\JxBrowser

Desktop/Device Automation Service 端末

  • インストールフォルダ
    • 10.3以前:C:\Program Files (x86)\Kapow DeviceAutomation [バージョン]x32
    • 10.4以降:C:\Program Files (x86)\Kofax RPA DesktopAutomation [バージョン]x32
  • アプリケーションデータフォルダ配下
    • 10.4以前:\Users\{実行ユーザー}\AppData\Local\Kapow\[バージョン]
    • 10.7以降:\Users\{実行ユーザー}\AppData\Local\Kofax RPA\[バージョン] 
  •  その他
    • 10.7以降:\ProgramData\Kofax RPA

組み込みManagement Console(Tomcat環境未構築)

  • インストールフォルダ
    • C:\Program Files\Kapow [バージョン]x64
    • C:\Program Files (x86)\Kapow [バージョン]x32
  • アプリケーションデータフォルダ配下
    •  10.4以前:\Users\{実行ユーザー}\AppData\Local\Kapow\[バージョン]
    • 10.7以降:\Users\{実行ユーザー}\AppData\Local\Kofax RPA\[バージョン]

注意事項

セキュリティポリシーの観点から除外が難しい場合には、サービス停止中(BizRobo! を停止中)に、対象のフォルダをスキャンすることをご検討ください。

区分 確認Ver
仕様 10.7.0.4

 

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。