Wrapperプログラムによる強制リブートまでの無反応時間を延長させる

フォローする

RSが動作するJVMはWrapperプログラムにより定期的に死活監視されています。

Wrapperプログラムは一定時間(デフォルトでは30秒間) JVMとの通信が途切れた場合に異常と判断し、サービスが止まってしまうことを防ぐために、強制的にJVMに対して再起動を実施します。
※ログ出力設定が行われている場合、その記録がログに書き込まれます。

JVMとの通信が途切れた場合の原因や対処方法についてはMCやRSが意図せず再起動するを参照してください。

実行するロボットが大量にメモリを消費したり、正常時でもサーバに負荷が掛るものである場合、誤ってロボット実行中にJVMが再起動されないよう、再起動を行う判定時間を延長させる必要があります。

下記の手順を参考にしてください。


手順

1. BizRobo!のインストールディレクトリ配下の「bin」ディレクトリ内に配置されている「RoboServer.conf」をテキストエディタで開く。

 

2.「RoboServer.conf」の最終行に下記を追記する。(単位:秒)

# Wrapper timeout time override setting (in seconds)
wrapper.ping.timeout=XXX

※上記の”XXX” には任意の秒数を記入してください。(※1)
 <例>wrapper.ping.timeout=600

 

3. Wrapper プログラム自体のWarningやError情報(強制再起動した際のログなど)を併せて取得するために、下記のナレッジを参考に出力設定の追加をしてください。
Wrapperプログラムのアラート、エラーログを出力させる

 

4.「RoboServer.conf 」の設定を変更した後、対象のRSを再起動してください。

 


注意事項

(※1)適正値は環境によって異なりますが、おおよそ600(10分)程度を推奨しています。
ただし、強制再起動判定時間の値を長くした場合、異常によるRS停止が行われても、設定値の時間が経過するまではWrapperプログラムによる再起動は行われません。

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。