Wrapperプログラムのアラート、エラーログを出力させる

フォローする

概要

WrapperプログラムはRSが動作するJVMを死活監視しており、異常発生時にはJVMをリブートする等して、サービスが止まってしまうことを防いでいますが、デフォルトではログを出力致しません。

MCやRSの意図しない再起動が発生した場合Wrapperプログラムのログを確認する必要がありますので、以下にWrapperプログラムのログを出力する方法を記載致します。

 

注意事項

・”#”でコメントアウトしてもRoboServer.confに2バイト文字を設定するとRoboServerが起動しなくなります。

・以下設定例は10MBを上限として、ファイル容量上限とMC/RSの再起動を契機に、ログファイルをローテーションして10世代まで保管する設定となります。

 

作業手順

・「RoboServer.conf」のファイルパス

<Ver.10.3以前>

C:\Program Files\Kapow {バージョン}\bin\RoboServer.conf


<Ver.10.4以降>

C:\Program Files\Kofax RPA {バージョン}\bin\RoboServer.conf

 

1.「RoboServer.conf」ファイルを開き、 最終行に以下設定を追記します。

<設定内容>

# Set log output path and file name
wrapper.logfile.loglevel=INFO
wrapper.logfile.format=LPZM
wrapper.logfile.rollmode=SIZE_OR_JVM
wrapper.logfile.maxsize=10m
wrapper.logfile.purge.sort=TIMES
wrapper.logfile.maxfiles=10
wrapper.logfile.purge.pattern={ログファイル格納パス}\*_Wrapper_*.log
wrapper.logfile={ログファイル格納パス}%WRAPPER_TIME_YYYYMMDDHHIISS%_%WRAPPER_PID%_Wrapper_ROLLNUM.log

 

<設定例(Windowsの場合)>

wrapper.logfile.purge.pattern=C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Local\Kapow\10.3.0.4_260\Logs\*_Wrapper_*.log
wrapper.logfile=C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Local\Kapow\10.3.0.4_260\Logs\%WRAPPER_TIME_YYYYMMDDHHIISS%_%WRAPPER_PID%_Wrapper_ROLLNUM.log

<設定例(Linuxの場合)>

wrapper.logfile.purge.pattern=/home/bizrobo/logs/*_Wrapper_*.log
wrapper.logfile=/home/bizrobo/logs/%WRAPPER_TIME_YYYYMMDDHHIISS%_%WRAPPER_PID%_Wrapper_ROLLNUM.log

 

2.編集した「RoboServer.conf」 を保存し、RSを再起動する。

3.再起動後、「wrapper.logfil」で指定したパスにログファイルが作成されているか確認する。

 

区分 確認Ver
手順 10.3.0.4

 

 
 
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。