BizRobo! Basic で使用する3種類のデータベースについて

フォローする

BizRobo! Basic で使用するデータベースは以下の三種類に分類することができます。
RPAテクノロジーズでは、以下のように名前を付けて呼んでおります。

①リポジトリデータベース

ロボット、スケジュール、アカウント情報、Kapplet,、Management ConsoleのSettingsの内容など、Management Consoleのデータが保存されるデータベースとなります。

Start Management Consoleで構築した場合、BizRobo! Basic に内蔵されているDerbyというデータベースが使用されます。

Tomcat構築を行った場合、MySQL, SQLServer等、外部のデータベースを使用することができます。

(リポジトリデータベースに保存されているデータの例)

repositorydb.png

 

②ログデータベース

ロボットの実行ログが保存されるデータベースとなります。

どのデータベースを使用するかはManagement Console上のAdmin > Settings > RoboServer Log Database 上で設定することができます。

(ログデータベースに保存されているデータの例)

logdb.png

(ログデータベースの設定例)

logdbsetting.png

 

③ロボット処理用データベース

Store in Databaseステップなど、ロボットが業務を行う際に使用するデータベースとなります。

どのデータベースを使用するかはManagement Console上のAdmin > RoboServers > Cluster Settingsで設定することができます。

(ロボット処理用データベースに保存されているデータの例)

robotdb.png

(ロボット処理用データベースの設定例)

robotdbsetting.png

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。