JavaAccessBridgeを使用しているときにツリー情報が32767文字を超えるとDASが落ちる

フォローする

事象

DeviceAutomationでJavaアプリケーションを操作する際、
オブジェクトを取得するためにJavaAccessBridgeを使用しますが、
DeviceAutomationServiceが落ちてしまうという不具合が見つかりました。

発生条件

1.DAでJavaアプリケーションを対象に、JavaAccessBridgeが利用される操作を行う。
2.アプリケーション上で大量のテキスト情報が表示されるなどで、ツリー情報が32767文字を超える。

例として、以下のようなツリー情報があった場合は39文字となります。

pane.png

対処方法

大量の文字数が表示される場合は基本的に避けることは難しいですが、
以下のようにツリー読み込みを制限することで文字数を減らす事で回避できる可能性がございます。(画像は10.3)

restricttree.png

※本制限はJavaAccessBridgeを使用した場合にのみ発生する事象であり、Javaアプリケーション以外を操作する場合には制限はございません。

区分 発生Ver 改修ID 修正Ver
不具合 10.1.0, 10.2.0, 10.3.0  1242675  10.7.0.4 

"

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。