Design Studioにて「メール送信(Send Email)」ステップを使用しファイルを添付する

フォローする

概要

Design Studioにて「メール送信(Send Email)」ステップを使用しファイルを添付する際、変数と属性の設定方法を紹介します。

作業手順


まず、タイプを作成する際に、「属性を追加」画面にてファイル形式に合った属性を「タイプとデフォルト値」項目のプルダウンより選択します。
​​

■「タイプとデフォルト値」項目にファイル形式に合った属性がある場合

 <例>ファイル形式に紐付く属性
  ・Excel (.xlsx、xlsm、.xlsなどのExcelファイル)
  ・PDF (PDFファイル)
  ・イメージ (JPEG、PNGなどの画像ファイル)

■「タイプとデフォルト値」項目にファイル形式に合った属性がない場合
「Binary(バイナリ)」を指定し、「Load File(ファイル読込)」ステップで対象ファイルを変数に格納することで「Send Email(メール送信)」ステップにて、メールに添付することができます。
下記の手順を参考にしてください。

 <例>「バイナリ(Binary)」属性で扱えるファイル形式の一例
  ・.csv (CSV)
  ・.ppt、.pptx (Microsoft PowerPoint)
  ・.doc、.docx (Microsoft Word)
  ・.zip (ZIP形式圧縮ファイル)
  ・.dwg (AutoCAD)


【設定手順】

1.  ファイルを格納するタイプ・変数を作成する
    <例>
         ファイルを格納するタイプの属性
    属性名:test
    変数の種類:バイナリ(Binary)

・タイプの属性を追加​


・タイプと紐づく変数を追加


2.「Load File(ファイル読込)」ステップを追加する。
3.「出力値」項目のプルダウンより「変数に抽出」を選択する。
4.「変数」項目のプルダウンより、手順1で作成した変数(バイナリ)を選択する。
5.「ファイル名」項目に該当ファイルのフルパスを入力する。

mceclip0.png

6.「Send Email(メール送信)」ステップを追加する。
7.「添付ファイル」タブを開く。
8.「添付ファイルを含める」にチェックを入れる。
9.「コンテンツ」項目に手順1で作成した変数を選択する。
10.「コンテンツタイプ」項目のプルダウンより、「Binary」を選択する。
11.「ファイル名」項目に任意の名前を入力する。
  <例>test.csv
     ファイル名にて、拡張子が存在する場合、忘れないように記載してください。

​​
「Send Email」ステップでメール送信する方法については、参考のナレッジを参照してください。

参考

DSの「メール送信(Send Email)」ステップの設定方法

区分 確認Ver
逆引き 10.4.0.4

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。