実行ロボットの監査ログ取得設定方法

フォローする

監査ログ(audit)を有効にすることで、RSのロボット実行記録に関する下記の情報をRoboServer.logにて取得できます。

  • Timestamp
  • Log level (INFO)
  • Logger (kapow.auditlog)
  • Robot name(Robot name)
  • Hostname
  • Request URL
  • HTTP/FTP response code
  • Number of bytes loaded from the response bod

設定の前提として、MCのユーザ管理機能がONとなっており、MCへアクセスするにはユーザID/PWを用いてログインする設定となっていることを確認してください。

参考記事:MCの管理者ユーザー情報登録方法(MCでのUser&Group設定の有効化)

  1. RoboServer Setting ツールを開き、Security(セキュリティ)タブから監査ログをONにします。rs_settings_security.png
  2. アプリケーションデータフォルダ配下(%LocalAppData%\Kapow\10.1.0.1_12\Configuration)のlog4j.properties を開き、log4j.logger.kapow.auditlog=ON に設定(マニュアルの記載もれ)
  3. RoboServer、Management Console を起動
  4. ロボットを実行すると、アプリケーションデータフォルダ配下のLogフォルダ(%LocalAppData%\Kapow\10.1.0.1_12\Logs)中のRoboServer.logに上記監査ログが追記されます。

※「log4j.logger.kapow.auditlog=ON」の設定はHTTP/FTPリクエストも記録するかどうかの設定となります。

補足

MCの監査ログ取得方法については『MCの監査ログ取得設定方法』を参照してください。

 

1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。