MCのユーザー管理機能が有効になっている場合に必要な設定

フォローする

概要

MCのユーザー管理機能を有効にした場合、RSを起動する際に指定すべきパラメータが増え、以下エラーが表示される場合があります。
以下対処方法で状況が改善されるかご確認下さい。

エラーメッセー

When user management is enabled -mcUrl must be specified.
17/08/02 09:05:11 ERROR rqlserver.RoboServer: RoboServer failed to start. null

Press any key to exit.

ユーザー管理機能を有効化した場合、RSがMCへ接続する際にMCのURLとユーザ名、パスワードを指定する必要があります。
本エラーはこれらが未設定の場合に出力されるエラーです。

対処方法

以下手順でエラーが回避されるがご確認下さい。

1. 「RoboServer Settings」-「Management Console」タブ-「ユーザ管理機能の有効化」をONにする
2. 「一般(General)」タブ-「Management Consoleに登録」をONにして以下赤枠の情報を設定する。※

【 「一般(General)」タブ画像】
mceclip1.png

3. RSを再起動する。

※設定するユーザー名、パスワードはMCに登録した情報を設定します。
 なお、Linux環境の場合、ConfigureRSツールを使用して設定します。
 詳細は、Administrator's Guideをご確認ください。
 Administrator's Guide > RoboServer Configuration - Headless Mode

注意事項

パスワードの設定に関してMCの認証情報に誤りがありRSをクラスターに登録できないに記載の注意事項がございますので合わせてご参照下さい。

参考

MCのユーザー管理機能を有効にする方法はMCの管理者ユーザー情報登録方法(MCでのUser&Group設定の有効化)をご確認下さい。

区分 確認Ver
トラブルシュート 10.4.0.4

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。