MCのユーザー管理機能が有効になっている場合に必要な設定

フォローする

MCのユーザー管理機能を有効にした場合、RSを起動する際に指定すべきパラメータが増え、
エラーが表示される場合があります。

<Start Management Consoleで起動している場合の設定箇所>

 RoboServer Settingsの「Management Console」タブ>「ユーザー管理の有効化」

mceclip0.png

<エラーメッセージ>

–> Wrapper Started as Console
Launching a JVM…
WrapperManager: Initializing…
When user management is enabled -mcUrl must be specified.
17/08/02 09:05:11 ERROR rqlserver.RoboServer: RoboServer failed to start. null

Press any key to exit.

ユーザーマネジメント機能を有効化した場合には -mcUrl を指定する必要があります。


上記のエラーが発生した場合、下記の設定をする必要があります。

設定方法

  1. RoboServer Settingsを開き、「Management Console」タブ の「ユーザ管理機能の有効化」に
   チェックが入っていることを確認する。 

  2. 「一般(General)」タブの「Management Consoleに登録」にチェックをいれ、
    Management Consoleの情報を入力する。

mceclip1.png

  3. Management Console(RoboServerのオプションとして -MC)を再起動する。

※本設定で利用されるユーザー名、パスワードは、MCに登録した情報を設定します。
(OSのユーザー名、パスワードではありません。)

Linux環境の場合、ConfigureRSツールを使用して設定します。
詳細は、Administrator's Guideをご確認ください。
 Administrator's Guide > RoboServer Configuration - Headless Mode

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。