DA接続時に「Exception: DeviceIssue. Failed to connect. Could not connect to Device Automation Service.」のエラー

フォローする

概要

ロボットが接続を試みたDevice Automation端末への接続に失敗した場合、以下のエラーメッセージが出力されます。
その際は、以下の対処方法をそれぞれご確認ください。

エラーメッセージ

Error from the Device Automation action. Exception: DeviceIssue. Failed to connect. Could not connect to Device Automation Service. Unable to connect to Remote Device Automation Service. Location: “Connect XXXX

翻訳

デバイスの自動化操作でエラーが発生しました。 例外:DeviceIssue。 接続失敗。 Device AutomationServiceに接続できませんでした。 リモートデバイスオートメーションサービスに接続できません。 場所:「Connect XXXX」

 

対処方法

以下の3点をご確認ください。
①指定端末のDASが起動している(DASのアイコンが青いアイコンになっている)こと。
<正常に起動している場合のDASのアイコン>


②指定端末のDASの接続モードが、ロボット側のデバイス指定方法と整合性が取れていること。
<確認方法>
デバイス指定方法がスタティックリファレンスの場合、DASのSingle Userからチェックが外れている
デバイス指定方法がダイナミックリファレンスの場合、DASのSingle Userにチェックがついている

③DASの接続モードが標準モード(Single Userではない)の場合、MCのリポジトリタブのデバイスマッピングに対象Deviceの登録がされていること



注意事項​​​​

Dynamic Reference(動的参照)を使用している場合、Openステップ通過後、DASが完全に起動していない状態でConnect to Deviceステップによる接続を試みている可能性もございます。
その場合は参考の項目にあるナレッジを参考に、Guarded Choiceステップで30~60秒ほどの待機時間を設けていただきますようお願いいたします。

参考

RDP接続を使用してDevice Automation Serviceに接続する際に「実行を停止しました」のエラーが発生する

区分 確認Ver
トラブルシュート 10.4.0.1

 

1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。