BizRobo! Basic 10.x動作ソフトウェア要件

フォローする

BizRobo! BasicのVer.10.xにおいて動作保証がされているOSやデータベースについては、
BizRobo! Basic 対応ソフトウェア・互換性マトリックス』をご確認ください。  

なお、上記ナレッジに記載があるものに関しては、対象のバージョンにて動作テストが完了していることを意味しており、記載のないソフトウェアのバージョンでは動作しないという意味ではありません。

 ■APIを使用するための要件

 Java  Java 8 including J2EE servers such as Oracle WebLogic 11,
 IBM WebSphere, and JBOSS
 JMX  Java 1.6
 .NET  C#, .NET Version 4.0

 

 ■その他にサポートしている技術 

 Supported browsers 
 for Management
 Console and
 KappZone/Kapplets
 Internet Explorer version 9, 10, and 11;
 Chrome version 58 and later;
 Firefox version 54 and later;
 Safari version 10.
 Supported JMS message 
 brokers
 Apache ActiveMQ 5.11, 5.12, 5.13, 5.14;
 Red Hat JBoss A-MQ 6.2.1.


■Linux環境を構築する場合の注意点

① パッケージのインストール

  デフォルトのWebkitエンジンで作成されたロボットを実行するためにパッケージのインストールが
  必要な場合があります。
  詳しくは『Linux環境でWebKit エンジンのロボットを稼働させる際の注意』をご確認ください。

② クロスプラットフォーム認証を使用している場合

  クロスプラットフォーム認証(ネゴシエートおよびNTLMプロトコル)を使用するには、
  Linuxプラットフォームに下記の「Generic Security Service API(GSS-API)」ライブラリを含める
  必要があります。

   ・libgssapi_krb5.so.2
   ・libgssapi.so.4
   ・libgssapi.so.2
   ・libgssapi.so.1

  必要なライブラリをLinuxプラットフォームにインストールするには、「yum install」または
  「sudo apt-get」コマンドを使用します。


■データベースに関する注意点

① Windows認証を使用するMicrosoft SQL Serverを使用している場合

  Windows認証を使用するMicrosoft SQL Serverは、ログデータベースとして使用することは
  できません。 PostgreSQLデータベースは、データの格納にのみ使用できます。 PostgreSQLは、
  管理コンソールシステム、ロギング、または監査データベースとして使用することはできません。

② Oracle、SybaseまたはMySQLを使用している場合

  Oracle、SybaseまたはMySQLにデータを格納するときに、データの損失が発生する可能性がある
  ことに注意してください。なお、それぞれ下記の処理が行われることがあります。

   ・Oracle:空文字がnullに変換されます。
   ・Sybase:空文字は “”(単一のスペース)に変換されます。
   ・MySQL:日付を格納するときにミリ秒の精度が失われます。


参考

データベースへのデータの格納(Storing Data in Databases )>「ObjectKeyに関する警告(ObjectKey Caveats)

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。