Device AutomationにおけるWindow認識

フォローする

Device Automation Service がどの様にデスクトップ上のアプリケーションの画面を解析し、Device Automation 機能で操作可能になるかに関するIFについて図示します。

基本的なIFについては共通ですが、Javaアプリケーションの操作に関してはDASを稼働するクライアント環境のOSバージョンによって以下の通り異なります。

特にJavaアプリケーションに関してDAから画面オブジェクトの認識が上手くできず、ボタンがクリックできないなどの現象が発生した際には、以下の構成をヒントに、正しく環境構築ができているかどうかを確認する必要があります。(また、JABの有効化はWindowsのコントロールパネルからではなく、コマンドラインで個別に実施ください。)

da_interface_32-1024x533.pngda_interface_64-1024x540.png

2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。