Design Studio から Management Console へのライセンス確認のための通信

フォローする

Q.

ライセンスによりDSの同時実行数が決められていますが、どの様にMCは起動中のDSの数を確認しているのですか。

A.

DSからMCへの通信はDS起動中10秒ごとに実行されます。まずDS起動時に1度MCへ認証に行き、規定数以上の同時接続がないか確認します。その後10秒ごとに接続情報が更新されることにより、MCは同時DS起動数を管理します。

そのためDSを終了した後でも最大10秒間は接続情報がMC側に残り、タイミングによってはDS起動時に規定数超えのエラーが発生してしまうこともありますので、その際にはしばらく時間を置いた後に再度DSを起動してください。

また、DSからMCへの通信は単純なHTTP通信であり、往復で1KB以下の軽いものですので、サーバ・ネットワークに負荷のかかるものではありません。

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。