Excelで列方向のループ中に行方向のループを入れる方法について

フォローする

・概要

具体例として、図1.実現希望イメージ画面を表示します。
変数に代入した、「該当件数」「見出し1」…「見出し10」を、各行のI列~S列に書き込みたい、
というのが実現したい内容です。

SetNamedRange_1.png
(図1.実現希望イメージ画面)

・詳細

<手順>
Set Named Range(名前付き範囲設定)ステップ(セルを右クリック > Other(その他)> Set Named Range(名前付き範囲として設定))を使用してループで使用している
セルに、名前”1″を付けて、”1″から右に〇個目にデータを書き込み、という形で実装します。
((図2.Set Content of Row(行のコンテンツ設定)ステップ画面)の例では右に7個目にデータを書き込みで設定。)

図2.Set Content of Row(行のコンテンツ設定)ステップ画面の画像と、User’s Guideの下記ページをご参考下さい。

Welcome to Kofax Kapow Help > Reference(リファレンス) > Design Studio > Step Action(ステップアクション)> Set Named Range(名前付き範囲設定)

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373.png
(図2.Set Content of Row(行のコンテンツ設定)ステップ画面)

<補足>
上記手順については,下記の点をご案内します。

・「キャスト名」変数を”テレコン見出し抽出type”の外に出す

or

・”テレコン見出し抽出type”の中身一つ一つに対してSet Content of Cell(セルのコンテンツ設定)ステップで1セルずつ書き込む。
“該当件数”~”見出し9″までなら10回

といった、どちらかの対応が必要になります。

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。