Device AutomationでのWait(待機)のかけ方について

フォローする

・概要
DAでの開発の際、ステップを一気に実行すると想定した動きにならない。
任意でWaitをかけることは可能か。

・詳細
「Guarded Choice」ステップにて、Guardプルダウンより
[When seconds have passed]を選択いただくと指定した秒数分Waitをかけることができます。
下記図1では、10秒Waitをかけておりますのでご参照ください。

GuardChoice-1.png
(図1.DAのWait画像)

 
 
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。