KCUを追加する前の性能分析の流れについて

フォローする

分析方法はお客様環境の状態に依存すると考えますので一概には申し上げられませんが、1つの例として以下の流れで分析、検討を実施することを提案させていただきます。
※各種データの取得については後述させていただきます。

【分析の流れ】
1.KCUWAITが多く発生している時間のロボットをピックアップ
時間当たりのKCUWAITが多く発生している時間帯をキーに、該当の時間帯で実行されているロボットをピックアップする。

2.ロボット毎の負荷を確認
ピックアップしたロボットに対して各ロボット毎のKCUWAIT時間を確認し、KCUWAITが長時間発生している処理が重いロボットがいるか等、ロボット毎の処理の重さを確認する。

3.時間当たりのKCUWAITを慣らす
3-1.
時間当たりのKCUWAITが多く発生している時間帯に稼働している各ロボットについて、処理の重いロボットがいない場合、同じ時間帯にロボットの同時実行数が多すぎる可能性が考えられます。
その場合、時間当たりのKCUWAITが少ない時間帯へ各ロボットの実行開始時刻を変更下さい。

3-2.
時間当たりのKCUWAITが多く発生している時間に稼働している各ロボットについて、処理が重いロボットがいた場合、そのロボットもしくは同じ時刻に実行されている他のロボットの実行開始時刻を時間当たりのKCUWAITが少ない箇所に変更する。

4.KCUの追加を検討
時間当たりのKCUWAITを慣らし、慢性的にKCUWAITが発生する状態や、処理の遅れが許容できない場合はKCUの追加を検討する。

※OSやJVMの負荷を確認
上記の各ステップにおいて、時間当たりのKCUWAITがあまり発生していない場合、RoboServer(以降RS)に割り当てているリソース不足や、OSのリソース不足も考えられるため、OSのパフォーマンスモニタや、下記ナレッジの通りRSのヒープ領域の拡張、Management Console(以降MC)とRSの別起動、Tomcat別の構成やRSの別サーバ構成等を検討し各RSやOSにかかる負荷の分散も合わせて考慮する必要があります。

なお、JVMのCPUなどの一部リソースの使用量については以下手順にてCSV出力する事が可能です。

参考ナレッジ

RoboServerに割り当てるヒープ領域の容量を増加させる
MCやRSが意図せず再起動する
Roboserver抜きでManagementConsoleだけ起動する方法
Roboserverだけを起動して、別環境のManagementConsoleに接続させる方法

 

参考資料

Windows用Tomcat構築作業手順書
※ご利用にはBizRobo! PORTALのアカウントが必要です。詳しくはこちらを参照してください。

 

注意事項

時間当たりのKCUWAIT等は弊社が提供しております、
ロボット利用状況可視化サービス(無償)にて確認可能となりますので、ご要望の方は担当より連絡させていただきますので、以下のメールアドレス(カスタマーサクセス)までご連絡ください。
利用中に発生した問題等も以下にご連絡ください。

アドレス:
件名:ロボット勤怠可視化サービス希望の連絡

上述したJconsoleにてCPU等の一部リソースはCSVファイルに出力することが可能です。
KCUの消費についてはMC上でログに出力することが可能ですので、以下ナレッジを参考に設定を実施ください。

・参考ナレッジ
KCUの利用(消費)状況を確認する方法
MC上でKCUの利用(消費)状況をログファイルとして出力する方法

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。