Device Automationで 不具合 が起きたと思われるときに取得するべきデータ、画像

フォローする

状況により必要となるものが様々ですが、詳細に調査を行う際に必要なリストを記載します。

  • 上手く動作していないことが一目でわかるスクリーンショット
    (例:「DAS環境のExcelは表示されているが、Device Automation EditorではExcelが表示されない」ならばDAEditorとDAS環境の画面を時刻を含めて撮影。)
  • DASログ (DASアイコンを右クリック > Configure > Systemタブ > Open log directory)
  • DASのConfiguration画面のスクリーンショット。(Management Consoleタブ、Single Userタブ、Systemタブ、Windowsタブ)
  • DS,DAS環境のスペック (エクスプローラーを開き、PCを右クリック > プロパティ) のスクリーンショット
  • inspectでオブジェクトを認識できているかどうか。
  • 使用しているアプリケーションの情報(名称、パッケージソフト/自社開発、Windows UI Automationへの対応状況)
  • オブジェクト認識関連であれば、Extended IE Supportを有効にした時と無効にした時で挙動が変わるかどうか。
  • Excelならば、Excelのバージョン (ファイル > アカウント) のスクリーンショット
  • Excelならば、不具合と思われる事象が再現するExcelファイルそのもの
  • JavaアプリケーションならばJava Access Bridgeを有効にしているエビデンス (CMDで「jabswitch -enable」を実行した直後のスクリーンショット)
  • Wiresharkを使用して取得したパケットトレースデータ
  • DASが落ちる事象の場合はダンプファイル
    場所:”C:\Users\{DASを起動しているUser}\AppData\Local\Temp\Kapow\CrashDump\Browser”
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。