BizRobo!の対応ブラウザ

フォローする

Q.

BizRobo!は人の代わりにブラウザを操作してくれるソフトウェアと理解していますが、ブラウザとしてはIE、FireFox、Chrome、Safari、Operaなどのうちどれに対応していますか?

A.

BizRobo!に搭載されているブラウザ(Classicブラウザ)は上記のいずれとも異なり、全く独自のブラウザレンダリングエンジンを搭載しています。このブラウザレンダリングエンジンは全てのWebサイトを一つのエンジンで操作すると言うコンセプトで作成されており、Webサイトにおける推奨ブラウザの如何に関係なく、あらゆるサイトを操作可能なブラウザという位置づけです。

v9.3 以降は上記オリジナルのブラウザレンダリングエンジンに加え、よりJavaScript等の処理が高速で且つChrome※やSafari、Opera等既存のブラウザにも搭載されているWebKitエンジンがオプションとして追加搭載されました。※Chromeではv28以降、WebkitをフォークしたBlinkを採用
 <参考記事>Classicエンジン と WebKit エンジンとの違い

さらに、v10.3以降ではオープンソースのChromiumがベースとなっているブラウザが追加され、DSで操作できるWebサイトの幅が広がりました。
 <参考記事>Chromium の概要

各ブラウザに採用されているレンダリングエンジンとJavaScriptエンジン

ブラウザ レンダリングエンジン JavaScriptエンジン
Classic オリジナル オリジナル
Webkit Webkit V8
Chromium Blink V8



各ブラウザの使い分けについては下記のナレッジを参照してください。

 <参考記事>BizRobo!のWEBブラウザエンジンの使い分けについて知りたい

区分 確認Ver
仕様 11.1.0.4

 

 

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。