対応認証技術

フォローする

ロボットは、Windows BasicまたはNTLM認証資格情報を使用してWebサイトを認証できます。
ユーザー名とパスワードは、すべてのロード]タブの下で、ロボットのための認証オプションで設定することができます。
添付のスクリーンショットの1つに示すように、変数属性に格納された値を使用するようにこれらのフィールドを構成できます。

options-all-loading.png

変数属性をロボット入力として設定すると、Management Consoleのスケジュール、JavaまたはNet API、またはkapplet入力を介してユーザー名とパスワードを渡すことができます。
添付された他のスクリーンショットは、ユーザー名とパスワードが入力フィールドとして表示され、kappletとして提示された同じロボットを示しています。
そのkappletがHTTPSを使用して管理コンソールで実行されていた場合、入力は安全に送信できます。

ntlm-auth-kapplet.png

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。