MC を REST Call した際に 500 エラー が発生する

フォローする

概要

Management Console (リポジトリ) のREST CALL 機能を利用してロボットを呼び出した際に
「500 Internal Server Error」のエラーが発生する場合、
以下を参考にlog4jファイルの出力レベル設定と、log4jファイルの出力設定を実施してください。

<log4jファイルの出力レベル設定>
C:\Users\ユーザー\AppData\Local\{Kapow または Kofax RPA}\バージョン\Configuration配下のlog4j.propertiesの内容をlog4j.rootLogger=DEBUG, fileに設定。
参考:MC/RS/DSのログレベルを変更する方法

<log4jファイルの出力設定の設定>
※ver 9.1 以前の場合
Settings ツールより Logging の対象に Log4jを追加のうえ、RoboServer再起動


※ver 9.2 以降の場合
MC の Cluster Settings にてLogging の対象に Log4jを追加の上、Save


log4j 設定後にも再度同じエラーが発生し、かつlog4j ログ内に
「x-exception-message: There are no available slots on the cluster named …」の記述がある場合、
ロボサーバ上で一度に実行できるロボット数(-maxConcurrentRobots)の上限に達しており、
REST Call によるロボット実行ができなかった可能性が考えられます。

これは、通常APIやスケジューラから起動されたロボットが上限を超えた場合にQUEUEに入るのに対し、
REST Call による場合はQUEUEに入ることなく、エラーとして呼び出しもとに返すという仕様によるものでございます。
(Standard EditionにおけるRESTの同時呼び出し数が40に制限されている問題とは異なります。)

エラーメッセージ

①500 Internal Server Error

②x-exception-message: There are no available slots on the cluster named …

対処方法

<同時実行数の拡張>
※ver 9.1 以前の場合
RoboServer 起動時のパラメータで maxConcurrentRobots の数を調整

※ver 9.2 以降の場合
MC の Cluster Settings にて Robot Execution の数を調整
​​

<エラー処理の追加>
当該エラーが発生した場合には、しばらく時間をおいてから、再度REST CALLを実施するようにロボットを修正する。

区分 確認Ver
トラブルシュート 10.2.0.2

 

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。