BizRobo! で使用するクライアント証明書ファイルの取り扱い

フォローする

概要

クライアント証明書を求められるサイトへアクセスする際、あらかじめ開発時はDS、本番運用時はRSに対して、証明書ファイルを登録しておく必要があります。
なお、証明書はDS・RSを実行するユーザーごとに設定する必要があります。

参考までに、以下にクライアント証明書が記録される形式と場所を示します。

・DS用証明書
 形式:designstudio.settings 内に、Settings 情報一式として結合された状態で記録
 場所:下記フォルダ内の「designstudio.settings」ファイル

<Ver.10.4以前>

C:\Users\{ユーザー名}\AppData\Local\Kapow\{バージョン}\Configuration

<Ver.10.7以降>

C:\Users\{ユーザー名}\AppData\Local\Kofax RPA\{バージョン}\Configuration

 

・RS用証明書
 形式:証明書ファイルとパスワードファイルの2ファイル1組
 場所:下記フォルダ内

<Ver.10.4以前>

C:\Users\{ユーザー名}\AppData\Local\Kapow\{バージョン}\Certificates\Client

<Ver.10.7以降>

C:\Users\{ユーザー名}\AppData\Local\Kofax RPA\{バージョン}\Certificates\Client

 

注意事項

・DS/RSともに、保管されているファイルをコピーして別端末や別ユーザーの設定とする事はサポート対象外となります。
・DSとRSの証明書情報の保管方式が違うため、DSで一度登録した証明書をRSで流用することはできません。

 

参考

証明書の設定方法は『BizRobo! で電子証明書を利用する方法』をご参照下さい。

 

区分 確認Ver
仕様 10.3.0.7

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。