net use コマンドでリモートドライブを接続する場合の注意点

フォローする

Windows の仕様により、サービス起動したプログラムはネットワークドライブへのアクセスが制限されるため、サービス起動した RoboServer で動作するロボットでは、file: プロトコルを指定したUNC(Universal Naming Convention)名でファイルを指定するか、net use コマンドでリモートドライブを接続する必要があります。

本ナレッジでは、net use コマンドでリモートドライブを接続する場合の注意点を記載します。

  • 指定するパスワードに「”(ダブルクォーテーション)」を含まないこと。
  • \\コンピュータ名\共有名\ボリューム の文字列を「\」で終わらせないこと。
  • 「管理者として実行」したMC/RSには、OSの仕様と思われる挙動により、
    ユーザーのnet use権限が引き継がれない可能性があること。

コマンド構文

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。