MCのバックアップで移行可能/不可能な内容

フォローする

MCの「管理(Admin)」タブ >「バックアップ(Backup)」タブ内ではバックアップの作成および復元が可能ですが、移行できる内容と移行できない内容があるため注意が必要です。
それぞれ下記を参考にしてください。

※バックアップの作成および復元方法はMCのバックアップを作成/復元する方法を参照してください。

 

■移行できる内容

タブ 移行できる内容
Kapplet Result Historyを除く全ての設定内容
スケジュール(Schedule) 全ての設定内容
リポジトリ(Repository) 下記のタブ内の設定内容
・ロボット(Robots)
・タイプ(Types)
・スニペット(Snippets)
・リソース(Resources)
・デバイスマッピング(Device Mappings)
・データベース(Databases)
・OAuth
・パスワード ストア(Password Store) ※ロボットに割り当てたパスワード ストアの設定も移行されます。
管理(Admin) 下記のタブ内の設定内容
・RoboServer
・プロジェクト(Projects)
・ユーザーおよびグループ(Users & Groups)
・設定(Settings)※ログの保存先設定やJdbcドライバ

 

■移行できない内容

タブ 移行できない内容
Kapplet Result Historyの内容
※Kappletのみ移行され、Result Historyは空の状態となります。
データ(Data) ロボットが「データベース登録(Store In Database)」で保存したレコードの内容
※「データベースマッピング(Database Mappings)」の内容は移行されるので、バックアップを作成した環境で使用していたDBがそのまま流用されます。
ログ(Logs) 別環境や別スキーマにレコードがコピーされることはありません。
「管理(Admin)」タブ>「設定(Settings)」の内容は移行されるので、バックアップを作成した環境で使用していたDBがそのまま流用されます。

 

バージョンアップに関しては下記のナレッジも参考にしてください。
バージョンアップ時の注意事項
Tomcat構築環境でのMCバージョンアップ手順

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。