Tomcatを起動する際に、”エラー [9148] JAVAの作成に失敗しました”となる

フォローする

Tomcatを起動に失敗した際に、Tomcatのログ(commons-daemon.YYY-MM-DD.log)に下記のエラーが記録されることがあります。

<エラーログ>

[error] [ 9148] Failed creating java C:\Program Files\Java\jre1.8.0_66\bin\server\jvm.dll

このエラーは、Tomcat設定の特定パスで「TomcatがJava Virtual Machine(JVM)dllを探せない」ということを示しています。

エラーが表示された際は、下記の対応をお試しください。

 

1. 適切なバージョンのJRE(もしくはJDK)が環境にインストールされているか、
  また、jvm.dllが下記フォルダにあるかを確認してください。

  <フォルダパス>

C:\ Program Files \ Java \ jre1.8.0_xx \ bin \ server

  未インストールの場合は、Tomcatサーバーと互換性のあるJRE(もしくはJDK)バージョンを
  インストールしてください。

 2. JREがインストールされている場合は、下記の手順でTomcat の設定を確認してください。
  ① コマンドプロンプトを開く

  ② TomcatのBinに移動する
    (例: C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 9.0\bin)

  ③ Tomcat9W //ES//Tomcat9を実行する
   (数字の9はインストールバージョンに合わせて変更してください)

  ④ Javaタブに移動する

  ⑤ JVMパスが存在する「jvm.dll」を指定しているのか確認する

  ⑥ 「OK」をクリック

3.Tomcat サービスが起動するか確認してください。

 

参考

Windows64bitでJVMパスは「HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\Apache Software Foundation\Procrun 2.0\Tomcat9\Parameters\Java\」の「JVM」文字例のレジストリにも保存されます。

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。