デバイス オートメーション

フォローする

このタブを使用して、デバイス オートメーションのユーザー設定を行います。次のオプションが利用可能です。

 

オプション 説明
コマンド タイムアウト (秒)(Command Time-Out (sec.)) オートメーション デバイスのコマンドからの応答を Design Studio で待機する必要がある時間を指定します。このオプションは、Device Automation ワークフローでの端末の自動化および Web サイトのブラウズにのみ適用されます。

 

コマンドは、 Automation Device に送信される命令です。マウスボタンのクリック、アプリケーションを開く、Location Found ガードの追加などの場合です。コマンドが指定した時間内に完了できない場合、サービスによって通知が送信され、ロボットの実行が停止します。

Location Found ガードの場合、この設定はワークフローでのガードの呼び出しに適用されますが、ガード条件が満たされるまでの待機はこのタイムアウトとは無関係のため、無制限に待機し続ける可能性があります。マウス移動 ステップと抽出ステップの使用時に、同様の状況が発生します。コマンドはフィールドで指定されたタイムアウト以内にデバイスで呼び出される必要がありますが、ロボットはコマンドの完了を最大 240 秒間待機します。

(DS/RSとDA間のTCP通信の時間を制御します。)

ローカル ハブ TLS 構成設定

 

詳細については、”TLS コミュニケーションを使用 “を参照してください。

デフォルトの TLS 構成を使用(Use Default TLS Configuration ) Design Studio と Automation Device 間の TLS 接続に対し BizRobo! で提供されるファイルを使用します。
秘密キー ファイル(Private Key File ) Design Studio 端末上に存在するローカル ハブで使用される秘密キー ファイルへのパス。
公開キー ファイル(Public Key File ) 基盤となる秘密キーで署名される公開キー ファイルへのパス。
信頼されている証明書フォルダ(Trusted Certificates Folder ) 信頼されている証明書を保存するフォルダ。
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。