ルーピング

フォローする

エラーが発生した場合やテストが失敗した場合などは、ループの現在のイテレーションまたはループ全体の実行を中止するのが適切な反応になります。これは、2 つの特殊なエラー処理オプションによってサポートされています。

次のイテレーション
後続のロボットステップ B には、[次のイテレーション(Next Iteration)] に対するエラー処理が含まれます。このステップの実行中にエラーが発生すると、現在のループ イテレーションの実行が停止されます。ステップ C と D は実行されず、代わりにイテレート オーバーするループ ステップのうち、次のタグを反映するロボット状態にあるステップ A において実行が継続されます。

 

NextIterationRobot.png

このエラー処理オプションは、[次の代替手段を試行] やトライ ステップを利用するのと同じ効果が得られるショートカットです。

TryToNextIterationRobot.png

他のトライ ステップが干渉する恐れがあるため、この変換には一般的に At ターゲットの使用が必要であることに注意してください。

ロボット内のループ ステップの後にループステップが続く場合は、次のイテレーションに進むステップを選択することができます。

[次のイテレーション] は、[繰り返し – 次(Repeat-Next)] のループでは機能しません。これら 2 つの場合において、ブラウザの状態については、「次(Next)」という言葉がまったく別の意味を持ちます。

ループ終了
[次のイテレーション] でループの 1 回のイテレーションを完了する代わりに、[ループ終了(Break Loop)] を使ってループ全体を途中停止することができます。

 

BreakLoopRobot.png

このエラー処理オプションは、ショートカットです。以下のロボットには同じ効果があります。

TryToBreakLoopRobot.png

[次のイテレーション] とは異なり、[ループ終了] は、[次のループを繰り返す(Repeat-Next)] では機能しません。

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。