KCUの利用(消費)状況を確認する方法

フォローする

・概要
ロボットの処理が遅延してくる事象が発生した際に、KCUの利用状況を確認したい。
確認したい内容は、
・KCUを使い切って、待ち状態になっているか
・どれくらいKCUwaitが発生したか

・詳細
<確認方法1>
1.KCU消費量を確認したいロボットをDSで開きます。
2.画面左上[→]で1ステップずつ実行していきます。
3.画面右側 KCU-Point Usage の増加量でそのステップがどれくらいKCUポイントを使用しているか
判別できます。
下記画像では4ステップ実行して30000 KCU point消費していることがわかります。
Do nothing(0 point) – Device Automation (10000 point) – Device Automation (10000 point) – Device Automation (10000 point)
KCUpointUsage.png
図1. KCU point消費確認場所

<確認方法2>
スケジュール動作したRoboのKCU使用量を測定する方法をご案内いたします。
MC上でログファイルとして出力する方法になります。
詳しくは下記ナレッジをご参照ください。
MC上でKCUの利用(消費)状況をログファイルとして出力する方法

・ClusterSettingsの画面は、”図2.Version10.2の操作遷移の画面”をご参考ください。
・Profilingのログ出力を有効にします。こちらを設定することで1ステップごとに発生したKCUwaitを
出力することができます。
有効箇所は、”図3.profiling画面”をご参考ください。

MC-ClusterSettings.png
図2.Version10.2の操作遷移の画面

profiling.png
図3.profiling画面

もう一つはロボット実行終了時に記録される、Robotmessagesテーブル上のExecution statisticsという
レコードを確認することです。
確認箇所は、”図4.Execution statisticsレコードの内容”をご参考ください。
picture122-1.png
図4.Execution statisticsレコードの内容

DBのテーブルでも確認ができます。
robot_message テーブルの「MESSAGE」が”Execution statistics”のもので、「MESSAGEDETAILS」に
下記のフォーマットで出力されております。

”Http requests: 0, JavaScript instructions: 0, Emails sent: 0, Bytes loaded: 0, Extracted values: 0, Executed steps: 1, KCU-points: 1000, KCU wait-time: 0 ms ”

※上記の情報は内部テーブルで有るためご利用は自己責任となります

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。