DA端末とは別の端末にインストールされているアプリケーションを操作する方法

フォローする

DASをインストールした端末(端末A)とは別に、ロボットで操作したいアプリケーションが入っている端末(端末B)を自動化する場合、2通りの方法があります。

 ① 端末BDASをインストールし、DA端末にして自動化する(推奨)
  ※この時端末Aを介す必要はありません。
 

② 端末Aから端末Bにリモートデスクトップ接続を行い自動化する

 セキュリティの観点などにより端末BDASがインストールできない場合は②の方法をとる必要があります。

mceclip0.png 

 

ですが、端末AからRDP接続をして端末Bを操作する場合、端末Bの画面は画像データとして認識されるため、オブジェクト認識ができません。

その場合、画像認識や座標指定、もしくはISA機能を利用し、操作してください。

 

参考記事

Lock ScreenとRDP接続の前提条件

・ロボットがAutomation Device 端末にアクセスするためには、リモートデスクトップ(RDP)経由でのアクセスが必要ですか?

 

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。