Windowsのサービスに登録したRSでExcelマクロを実行させる設定

フォローする

下記参考サイトに記載がございますが、非対話型オートメーション(ユーザがOSにログオンしない状態)でのマクロ実行などはMicrosoftはサポートしておらず、Microsoft 製品に対するライセンス違反にも該当する可能性もあり、実装は推奨しておりません。そのため非対話型オートメーションの実装についてはお客様責任となりますので予めご了承下さい。
参考サイト:
Office のサーバーサイド オートメーションについて

弊社で確認できている範囲となりますが、Windowsサービスに登録したRoboServerRobotのExcelマクロが実行されない場合は以下を設定いただく事でマクロが実行可能になる場合がありますので、参考として以下3つの設定をご連絡させていただきます。

①仮想デスクトップフォルダを作成する
・32bit版Windows OSの場合: %SystemRoot%\System32\config\systemprofile\Desktop
・64bit版Windows OSの場合: %SystemRoot%\SysWOW64\config\systemprofile\Desktop
※仮想デスクトップフォルダにはRSを起動するユーザがアクセス可能な権限を設定下さい。

②ファイルシステム・コマンドラインアクセス許可を設定する
[RoboServer Settings]-[Security]タブ[Allow File System and Command Line Access]をONに設定下さい。
※WindowsサービスからRoboServer(以降RS)を起動している場合、サービスの実行ユーザーでログインして、本設定を実施するが必要あります。

③管理者権限でマクロを実行(RSを起動)する
外部サイトからの情報ですが、WindowsサービスからRSを起動いただいている場合、サービスの起動ユーザに管理社権限が付与されている必要があると推測されます。

以下実行例の通り、ユーザに管理者権限があるかどうか確認可能ですので、whoami /groupsコマンドで管理者権限があるユーザにてRSを起動下さい。

以下実行例の場合、BUILTIN\Administratorsの属性が”拒否のみに使用するグループ”となっておりますが、ローカルにデフォルトで存在するAdministratorなど、管理者権限があるユーザの場合”有効なグループ”として表示されます。

【whoami /groupsコマンド 実行例】

上記に加え事例では以下情報を確認しておりますので合わせて掲載いたします。

■本件の検証中に社内検証環境で発生した事象

・VBA内でEnviron関数を使用する形で何らかのファイルパスを指定すると以下のようなエラーが発生してマクロが実行できない。フルパスで指定すれば回避できる。

<参考ナレッジ>
ロボットの実行権限について
MCからの「Execute Command Line(コマンド ライン実行)」ステップの実行でエラーとなる場合の確認事項
BizroboでExcelマクロを利用する上で必要な考慮ポイント

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。