Kapplet実行ユーザーのResultHistoryの自動削除について

フォローする

Kapplet実行ユーザーのResultHistory(実行履歴)の自動削除については以下を確認しております。
そのため、Kappletの設定において自動で実行履歴を削除する方法はありません。

なお、管理者権限のユーザーからKapplet実行ユーザーのResultHistoryを削除する等の機能はありませんので、下記②に記載の通りとなりますが各ユーザー毎に削除いただく等の必要があります。

また、下記③についてはResultHistoryの削除以外にも影響が出る場合がありますので、実施の際はお客様にて影響についてご確認のうえ、実施下さいますようお願いいたします。

Management Consoleが独立したTomcat上に構築され、Management Console管理用DBがMySQLである事など、前提条件はございますが、下記ナレッジの通りKapplet実行ログの一括削除ロボットのサンプルや、その他の履歴一括削除の方法について記載がありますので、合わせてご紹介させていただきます。

なお、下記 Kapplet 運用時の注意事項 に記載がありますが、ProjectのExport→ImportでResultHistoryを削除する方法は、バージョンによって期待する動作となりませんので予めご了承下さい。
※過去事例よりVersion10.1.0.2ではResultHistoryは削除できませんでした。

・参考ナレッジ
※一部コンテンツのご利用にはBizRobo! PORTALのアカウントが必要です。詳しくはこちらを参照してください。
Kapplet実行ログ(RESULT HISTORY)一括削除ロボット
Kapplet 運用時の注意事項
Kapplet の 実行記録(RESULT HISTORY)をユーザが一括して削除する方法
Kappletの実行ログとスケジュール設定の一括削除

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。