MCで同じDA端末を使用するロボットを連続実行する際に、DAが利用可能になるまでの時間

フォローする

概要

MCで、同じDA端末を使用するロボットを連続で実行する場合に、待ち時間が発生します。

 

具体例

【Ver.10.2までの場合】
5秒待ち時間が必要であり、キューに入らないため、ロボット側で5秒以上の待ち時間が必要となります。


【Ver.10.2以降の場合】
キューに入り、1秒の待機時間を待って15回のリトライを繰り返すため、その範囲内(15秒)であれば待ち時間を考慮する必要はありません。

 

注意事項

待ち時間を考慮しないでロボットが実行された場合、「No Device Automation Workflow defined.」エラーが発生します。

 

区分 確認Ver
仕様 10.3.0.7

 

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。