RoboServer.log や Design Studio.log の出力先変更方法

フォローする

概要

RoboServer.log や Design Studio.logは以下のようにlog4j.propertiesファイルを編集する事でログファイルの出力先を変更する事ができます。
※デフォルトではRoboServer.log や Design Studio.logは%LOCALAPPDATA%配下に出力されます。

 

作業手順

・「log4j.properties」のファイルパス

<Ver.10.4以前>

C:\Users\{ユーザー名}\AppData\Local\Kapow\{バージョン}\Configuration\log4j.properties

<Ver.10.7以降>

C:\Users\{ユーザー名}\AppData\Local\Kofax RPA\{バージョン}\Configuration\log4j.properties

 

1.「log4j.properties」ファイルを開き、「log4j.appender.file.File」に任意のファイルパスを設定します。

<変更箇所>

log4j.appender.file.maxFileSize=10MB

log4j.appender.file.File=C\:\\Users\\{ユーザー名}\\AppData\\Local\\Kofax RPA\\{バージョン}\\Logs\\${logFileName}

log4j.appender.file.maxBackupIndex=3

<設定例>

%LOCALAPPDATA%配下にBizRobo\LogFileフォルダを作成しログファイルを出力します。

log4j.appender.file.maxFileSize=10MB

log4j.appender.file.File=C\:\\Users\\{ユーザー名}\\AppData\\Local\\BizRobo\\LogsFile\\${logFileName}

log4j.appender.file.maxBackupIndex=3

 

2.編集した「log4j.properties」 を保存し、BizRobo!を再起動する。

3.再起動後、「log4j.appender.file.File」で指定したパスにログファイルが作成されているか確認する。

 

参考

logファイルの出力先のみではなく、LogsフォルダやDataフォルダ、ConfigrationフォルダなどBizRoboが使用するその他のファイルパスも変更する場合はMC/RS/DSのログや定義格納先をデフォルトから変更する方法を参照下さい。

 

区分 確認Ver
手順 10.7.0.4
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。