BizRobo! Basic 起動時に使用するポート一覧と変更方法

フォローする

Management Console(以降MC)やRoboServer(以降RS)、Design Studio(以降DS)などの各機能はデフォルトで起動時に32000と31000から起動順にポートを使用します。

例①
DevelopmentDatabase⇒MC⇒RS⇒DSの順に起動した場合

起動順 プロセス名 起動ポート番号 備考
1-1 StartDevelopmentDatabase.exe 32000ポート  
1-2 java.exe 31000ポート StartDevelopmentDatabase.exeの子プロセス
2-1 RoboServer.exe 32001ポート MCのRoboServer.exe
2-2 java.exe 31001ポート RoboServer.exeの子プロセス(MC)
3-1 RoboServer.exe 32002ポート RSのRoboServer.exe
3-2 java.exe 31002ポート RoboServer.exeの子プロセス(RS)
4-1 Design Studio.exe 32003ポート  
4-2 java.exe 31003ポート Design Studio.exeの子プロセス

例②
DevelopmentDatabase⇒DS⇒MC⇒RSの順に起動した場合

起動順 プロセス名 起動ポート番号 備考
1-1 StartDevelopmentDatabase.exe 32000ポート  
1-2 java.exe 31000ポート StartDevelopmentDatabase.exeの子プロセス
2-1 Design Studio.exe 32001ポート  
2-2 java.exe 31001ポート Design Studio.exeの子プロセス
3-1 RoboServer.exe 32002ポート MCのRoboServer.exe
3-2 java.exe 31002ポート RoboServer.exeの子プロセス(MC)
4-1 RoboServer.exe 32003ポート RSのRoboServer.exe
4-2 java.exe 31003ポート RoboServer.exeの子プロセス(RS)

 

なお、上記ポート番号は各機能のプロセスとその子プロセスであるjava.exeとの接続に使用されます。

上記の使用ポート番号を変更されたい場合、 非サポートの手順となるためお客様責任で実施いただく必要があります が、以下手順で変更が可能です。

【設定例】
・変更対象ファイル
C:\Program Files\Kapow {Version}\bin\RoboServer.conf
C:\Program Files\Kapow {Version}\bin\DesignStudio.conf
C:\Program Files\Kapow {Version}\bin\StartDevelopmentDatabase.conf

・記載内容
※ポート番号を一意に指定する場合
wrapper.port={任意のポート番号}
wrapper.jvm.port={任意のポート番号}

※ポート番号を範囲指定する場合
wrapper.port.min={任意のポート番号(下限)}
wrapper.port.max={任意のポート番号(上限)}
wrapper.jvm.port.min={任意のポート番号(下限)}
wrapper.jvm.port.max={任意のポート番号(上限)}

・記載例
※ポート番号を一意に指定する場合
wrapper.port=50002
wrapper.jvm.port=50003

※ポート番号を範囲指定する場合
wrapper.port.min=32000
wrapper.port.max=32999
wrapper.jvm.port.min=31000
wrapper.jvm.port.max=31999

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。