DSで表示されていないスクロール先の情報を取得/操作できるようにする

フォローする

DS画面上で表示されていない情報が、スクロール先にある場合、
「Scroll to(指定タグまでスクロール)」ステップや「Presskey(キープレス)」ステップを
利用することで、スクロールして表示させることが出来ます。

【使用するステップ】

  • 「Scroll to(指定タグまでスクロール)」ステップ

  • 「Press Key(キープレス)」ステップ

 

【実装例】

例1) Webサイトのスクロール先に隠れている情報を表示します。


  • 「Scroll to(指定タグまでスクロール)」ステップを利用する場合

    1.DSに表示された画面にて、F5又は更新ボタンを押下してから、
      スクロール先の情報が記載されている情報を検索ダイアログから探します。
      例)”ぶどう”のタグを検索する場合。
        ※HTMLタグ内から検索するため、赤枠の「検索」ダイアログにある「検索範囲」を
         ”ブラウザ内”に変更しています。


    2.検索画面を閉じ、選択状態になったタグの情報(画面の下のTree情報で緑枠になっている)を
      右クリックして、「指定タグまでスクロール」を選択します。


    3.「Scroll to(指定タグまでスクロール)」ステップを実行して、ステップの先が選択されて
      いることを確認します。
      また、表示されていた画面がスクロールされているか確認します。



例2) 入力可能なスクロール先に隠れている情報を表示します。
   ※例1は​「Press Key(キープレス)」ステップを利用出来ません。
    また、例2は指定するスクロール先である”HTMLタグ”が無いので、
    「Scroll to(指定タグまでスクロール)」ステップを利用出来ません。
  

  • ​「Press Key(キープレス)」ステップを利用する場合

    1.DSにて表示した画面を「Click(クリック)」ステップでクリックします。
    ​​

    2.スクロールする箇所を選択して、右クリックし、「Presskey(キープレス)」ステップを
      選択します。
    ​​

    3.「Presskey(キープレス)」画面にて、「押すキー」の指定を”値”に変更します。


    4.”PageDown(ページダウン)”のキーコードである”0x01000017”を入力して、
      OKボタンを押下します。(キーコードは”16777239”でも可能)
      ※他のキーコードについては、【注意事項】をご参照下さい。 


    5.​ロボットを保存します。
      「Press Key(キープレス)」ステップを進めて、スクロール動作を確認します。


【注意点】

【関連情報】

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。