Javaのバージョンアップを行った際にTomcatを起動するために必要な設定

フォローする

下記のようにJavaのバージョンアップの通知が表示されることがございます。

picture461-1-e1538707304958.png

Javaをバージョンアップ後、必要な設定変更を行わないと、以下エラーのようにTomcatを起動することができなくなります。

・エラー内容

ローカルコンピュータで Apache Tomcat8.5 Tomcat8 を開始できませんでした。詳細情報はシステムイベントログを参照してください。これがMicrosoft以外のサービスである場合は、サービスの製造元に問い合わせてください。その際、サービス固有のエラー コードが 1 であることを伝えてください。

picture461-5.png

Javaをバージョンアップした場合は以下の設定を行ってください。

・C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 8.5\bin\Tomcat8w.exeを起動。

picture269-1.png

・Javaタブ内の「Java Virtual Machine:」の内容を新バージョンのものに書き直す。picture269-2.png

picture269-3-e1538707530485.png

 

・環境変数を新しいバージョンのJavaに変更する。(JRE_HOME, Path)

picture269-5.png

picture269-6.png

・環境変数が切り替わっていることを確認できたら設定完了です。

picture269-7.png

・Tomcatを起動して、Management Consoleにアクセスできることをご確認ください。

 

【注意】

本ナレッジは以下のTomcat構築手順書で構築された環境を前提としております。
※ご利用にはBizRobo! PORTALのアカウントが必要です。詳しくはこちらを参照してください。

Windows用Tomcat構築作業手順書

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。