Derby Database (Development Database)をWindowsサービスに登録する方法

フォローする

■注意
「Start Development Database」を含む、組み込みのDerby Database (Development Database)は、下記ナレッジの通り、推奨していません。
また、Installation Guide(Ver.10.4以降はTechnical Specifications)のシステム要件(System Requirements)にもDerby Databaseは記載されておりません。

製品同梱の Derby Database (Development Database) を使用する場合の注意事項

その為、本番運用の際には、MySQLなどのDBの使用をご検討ください。
トライアル利用などでDerby Database (Development Database)をWindowsサービスに登録する際は、下記手順を参考にしてください。

手順

1.コマンドプロンプトを「管理者として実行」で起動する。
2.下記コマンドを入力し、インストールディレクトリに移動する。

※PC・サーバのインストールディレクトリを指定してください。

3.下記コマンドを入力して、Windowsサービスに登録する。

※PC・サーバのドメイン、ユーザ名を指定し、一行で入力してください。

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。