RSで同時実行できるロボット数の変更方法

フォローする

概要

RSで同時実行できるロボットの最大数は、MCの「クラスタ設定(Cluster Settings)」で設定できます。
最大同時実行数を超えた場合の挙動については『MC/RSのロボット実行待ちキューの仕様と、ロボットの最大同時実行数を超えた場合の挙動について』を参照してください。

下記は、ロボットの最大同時実行数を設定する手順です。参考にしてください。

 

作業手順

1.MCの「管理(Admin)」タブ>「RoboServer(RoboServers)」タブを開く。

2.対象のクラスターを右クリック>「クラスタ設定(Cluster Settings)」をクリックする。

3.「クラスタ設定(Cluster Settings)」ダイアログの「Robot Execution」をクリックする。

4.「最大同時ロボット数(Max concurrent robots)」項目に任意の値を入力する。
※上限は200です。

5.「OK」ボタンをクリックする。

「最大キュー格納可能ロボット数(Max queued robots)」項目に任意の値(上限値50)を入力することで、RSのキューに格納できるロボット数を設定できます。
なお、MCやRSのキューについては『MC/RSのロボット実行待ちキューの仕様と、ロボットの最大同時実行数を超えた場合の挙動について』や、下記のナレッジを参照してください。

 

参考

API呼び出しでロボットを実行すると、RSのキュー待ちとならず実行に失敗する
Ver.10.3.0.2以前のMCにて「最大キュー格納可能ロボット数(Max queued robots)」が適切に動作しない

 

区分 確認Ver
手順 10.3.0.7

 

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。