Tomcat環境でOracle Databaseを使用した場合の設定

フォローする

【前提】
下記参考ドキュメントを参考に、使用するDBをOracle Databaseに置き換えて作業いただく事を前提として記載します。

・参考ドキュメント
※ご利用にはBizRobo! PORTALのアカウントが必要です。詳しくはこちらを参照してください。
Windows用Tomcat構築作業手順書

基本的な作業の流れは上記手順書の通りとなります。
MySQLでの作業をOracle DB側で同様に設定いただければ問題ございません。

以下に記載するユーザ名とパスワードはOracleで作成したDBにログイン可能なユーザ名とパスワードを指定ください。
また、BASICROBO_MC,ROBODB_MC,ROBOLOG_MCは手順書で指定しているデータべース名称となりますのでお客様環境で作成されたデータベース名称に合わせて変更ください。
※事例ではDB、インスタンスは同一のもので、スキーマを3つに分け運用している事例もございます。

①設定ファイルについて
mc.xmlについては変更が必要となりますので、以下の通り設定サンプルを記載します。

なおserver.xmlは、ログの出力先を指定しているのみである為、手順書での設定以外に変更いただく必要はございません。

【mc.xml設定例】

<?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
<Context useHttpOnly="true" mapperContextRootRedirectEnabled="true">
<!-- Default set of monitored resources -->
<WatchedResource>WEB-INF/web.xml</WatchedResource>
<Resource name="jdbc/kapow/platform" auth="Container" type="javax.sql.DataSource"
maxTotal="100" maxIdle="30" maxWaitMillis="-1"
username="{DB接続ユーザ名}" password="{DB接続パスワード}"
driverClassName="oracle.jdbc.OracleDriver"
validationQuery="SELECT 1 FROM DUAL" testOnBorrow="true"
url="jdbc:oracle:thin:@{DBサーバホスト名}:1521/BASICROBO_MC"/>
</Context>

②MC上でのDB設定について
[Admin]-[Settings]-[Database]-[Types]と、[Admin]-[Settings]-[RoboServer Log Database]、[Admin]-[RoboServers]-[Settings]の[Cluster Settings]ウィンドウでは以下の通り設定ください。

【Database Type設定例】
※任意名称(Name)で新規のDatabase Typeを作成ください。

Name:{Oracle_DB}
JDBC Driver:oracle.jdbc.OracleDriver
Connection URL template:jdbc:oracle:thin:@${ServerName}
Database Type:Oracle Database

【RoboServer Log Database設定例】

Host:{DBサーバホスト名:ポート番号:SID}
Schema:{ROBOLOG_MC}
Database type:{Oracle_DB}
User name:{ユーザ名 as ロール} ※例:system as sysdba など
Password:{パスワード}

【Cluster Settings設定例】
※任意名称(Name)で新規のDatabaseを作成ください。

Name:{Oracle_DB_CL}
Host:{DBサーバホスト名:ポート番号:SID}
Schema:{ROBODB_MC}
Database type:{Oracle_DB}
User name:{ユーザ名 as ロール} ※例:system as sysdba など
Password:{パスワード}

③JDBCドライバについて
下記ナレッジを参考にjdbcドライバを使用ください。

・参考ナレッジ
OracleDBを使用する場合に使用可能なjdbcドライバについて

④ファイアウォール等の通信の設定について
MySQLでの設定をOracle Databaseの設定に置き換え設定ください。
なお、OracleではTCP 1521番ポートで通信できる必要がありますのでご留意ください。

⑤その他注意事項について
以下ナレッジの情報と、下記のリモート接続設定をご確認ください。

・参考ナレッジ
Oracle Databaseに監査ログを出力する場合のカラム名について

なお、 Oracel DB側での設定となるため サポート対象外の内容 となりますが、以下が未設定の場合、
Oracle DBへのリモート接続ができない事が確認できておりますので合わせて記載します。

【Oracle DBのリモート接続許可設定】
設定変更ファイル:%ORACLE_HOME%\NETWORK\ADMIN\listener.ora

・変更前:

 LISTENER =
  (DESCRIPTION_LIST =
    (DESCRIPTION =
      (ADDRESS = (PROTOCOL = IPC)(KEY = EXTPROC1521))
      (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = localhost)(PORT = 1521))
    )
  )

・変更後:

LISTENER =
  (DESCRIPTION_LIST =
    (DESCRIPTION =
      (ADDRESS = (PROTOCOL = IPC)(KEY = EXTPROC1521))
      (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = {DBサーバホスト名})(PORT = 1521))
    )
  )
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。