パターン指定の際に特殊な意味を持っている記号(半角括弧など)を文字列として使用する方法

フォローする

・エラー内容
DAステップ内に式入力をする際に、バックスラッシュの入力ができない。

②Excelで「(TEST)」と言う値を含むセルに対して「名前付き範囲設定(Set Named Range)」ステップで名前を付けたい。
セルパターン(Cell Pattern)で「( ) 半角小括弧」を文字列として用いたいが、以下の様なエラーが出る。

エラーメッセージ:
The 名前付き範囲設定 step requires a found range , but the range finder did not find any range.
There is no cell that matches the cell pattern.
You should adjust the range finder , or add another range finder that finds the right range on this paticular page.
If you add another range finder , make sure that only one of them finds a range on any given page.

f004912ef63d59bdc091090919e97adf.png
(画像1.セルパターン設定)

・エラー原因

パターンを指定する場合には正規表現に用いられる記号(例えば、+-*/\.など)は特殊な意味を持ち、
今回指定している記号が特殊な意味を持っている可能性があります。

またDAの場合、動的に値を変更する([=]をクリックしている)際には、バックスラッシュは特殊な意味を持つ記号として扱われます。

aa0d1c8a27afa16c65b277fb241c0801.png
(画像2.DA_動的に値を変更する([=]をクリックしている)場合、動的に値を変更しない([=]をクリックしていない)場合)

正規表現に関しては添付資料をご参照ください。

 

・解決方法
特殊な意味を持っている記号を文字列として扱う場合には、記号の前に「\ (円マーク)」を
記載してください。

《DS_記載例》
使用したい文字列:(TEST)
実際にセルパターンに記載する内容:\(TEST\)

詳細は下記画像をご参照ください。


(画像3.DS_実行結果)

《DA_記載例》
指定したフォルダから操作したいファイルを探し出す場合

あらかじめ操作したいファイルを変数化させます。
(今回は、ファイル[b.xlsx]をショートテキスト(Short text)、変数名[File]に指定しています)

[Conponent欄]に当てはめる構文
=”編集[text=”b.xlsx”]”

実際に入力する構文
e98026db22495695a9c1d4f35a009698.jpg=”編集[text=\””+File+”\”]”

詳細は下記画像をご参照ください。

6e5802fbda6ec2d05dbe7374417bec78.png
(画像4.DA_[Conponent]構文)

2人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。