DA機能を使用するロボットの作成準備(DASの設定、ロボットの設定)

フォローする

【使用するステップ】

  • 「デスクトップ オートメーション(Desktop Automation)」ステップ

 

【実装例】

スタティックリファレンス、ダイレクトアクセス方式でのロボット作成準備は次の通りです。
※接続方式と参照方法については、次のナレッジをご参照ください。
 DAに対する接続方式と参照方法の接続可能な組み合わせ
 DAの参照方法と設定(スタティックリファレンス・ダイナミックリファレンス)

  • DS端末、DA端末それぞれがハードウェア要件を満たしていることを確認する
    BizRobo! 10.x 動作ハードウェア要件

  • DS端末にDSを、DA端末にDAS(Desktop Automation Service)をインストールする
    Desgin Studioインストール方法
    Desktop Automation/Device Automation(DA)インストール方法

  • DASの設定
    DASの設定については、次のナレッジをご参照ください。
    Local Desktop Automationの機能と設定方法について
    ※「Host name(ホスト名)」については、DA端末のホスト名またはIPアドレスを入力ください。

     

    また、MCを経由する、デバイスマッピング方式での設定については、次のナレッジをご参照ください。
    DAの接続方式と設定(ダイレクトアクセス方式・デバイスマッピング方式)

  • DSの設定
    DSの設定については、次のナレッジをご参照ください。
    Local Desktop Automationの機能と設定方法について

  • 接続の確認

    1. ロボットの実行モードは「スマート再実行(フル)」に設定します。
      DSの実行モード(デザインモード)の変更方法
    2. DSで「Desktop Automation」ステップを作成し、「必要なデバイス」項目にて「+」(追加)ボタンをクリックします。
    3. 「スタティックリファレンス」を選択の上、『DSの設定』の手順2で作成したデバイスファイル名を選択する。
    4. 「ワークフロー」項目の「編集」ボタンをクリックして、DAエディター画面を開きます。
    5. DAエディターのレコーダービューで「Program Manager」タブを選択し、DA端末のデスクトップと同じ画面が表示されていることを確認します。


      ※「Taskbar」タブを選択した場合の表示例です。 ​​

      ※レコーダービューにタブが表示されない場合や、レコーダービューの「Program Manager」タブでも画面が灰色の場合は、
       DASの再起動及びDSを更新し、DA端末のDASのアイコンに鍵マークが付くことをご確認ください。 ​​​​

     

【注意点】

 

【関連情報】

 

※この記事は2021年3月15日にver10.4.0.2で作成したものです。
※本記事は初心者の方に分かりやすくご説明することを目的としております。
そのため、意図的に厳密な表現を避けている場合がございますのでご了承ください。

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。