Automatic DAS Upgrade(DASの自動更新機能):Desktop Automation ServiceのVer.10.3.0.9バージョンパッケージをロックするとロボットが実行されない

フォローする

事象

Automatic Desktop Automation Service(DAS) Upgrade(DASの自動更新機能)によりVer.10.7.0.4DASVer.10.3.0.9のエンジンがダウンロードされた状態で、DASの「Windows」タブにある「パッケージをロック」をチェックし、「インストール済みのパッケージ」で10.3.0.9のパッケージを選択します。

この状態でManagement ConsoleよりVer.10.3DAステップを含むロボットを実行すると実行エラーとなります。

エラーメッセージ 

DASを使用するDAステップでエラーが発生します。

mceclip0.png

対処方法

① Ver.10.7.0.4のMCのクラスタにVer.10.3.0.9のRoboSeverを設定します

mceclip1.png

② 10.7.0.4のDASを起動し、Ver.10.7.0.4MCの「リポジトリ」タブ >「ロボット」タブからVer.10.3.0.9DAステップを含むロボットを実行します

mceclip2.png

③ Automatic DAS Upgrade機能により10.7.0.4DASに、使用したRoboServerのバージョンからVer.10.3.0.9のエンジンが自動的にダウンロードされます

mceclip3.png

④ DASの「Windows」タブの「パッケージをロック」を選択し、「インストール済みのパッケージ」で10.3.0.9のエンジンにチェックを入れます

mceclip4.png

⑤ この状態でMCからVer.10.3.Xのバージョンのロボットを実行します。(本来であればDASにインストールされている10.3.0.9のエンジンを使用してVer.10.3.Xのロボットはすべてのバージョンで実行できるはずです)

mceclip7.png

⑥ しかし、そのエンジンがロックされている状態だとDASを使用するDAステップでエラーが発生し、ロボットが正常に完了されません。

mceclip8.png

対処方法

RoboServer、DASパッケージともに10.3.0.9ではなく、10.3.0.10を使用してください。

区分 発生Ver 改修ID 修正Ver
不具合 10.7.0.4    

 

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。