Java Access Bridgeを有効にする手順

フォローする

概要

JDKのインストールからJava Access Bridgeを有効にするまでの手順を記載します。

注意事項

必ず32bit Javaをインストールしてください

・作業前に、DASおよび操作したいJavaアプリケーションを停止して下さい。

・このナレッジではJava8を使用しておりますが、使用するJavaのバージョンにつきましては、お客様環境に合わせてお選びください。

作業手順

1. JDKのダウンロード

Oracle JDKまたは、Open JDK(zulu)より32bitのJDKをダウンロードする。

・Oracle JDK
https://www.oracle.com/java/technologies/javase/javase-jdk8-downloads.html

・Open JDK(zulu)
https://jp.azul.com/downloads/zulu-community/?os=windows&architecture=x86-32-bit&package=jdk


2. JDKのインストール

インストーラーを起動し、JDKをインストールして下さい。

3.環境変数にPathを通す

コントロール パネル > システムとセキュリティ > システム > システムの詳細設定をクリック


環境変数をクリック


システム環境変数のPathを選択し、編集をクリック


新規をクリックし、インストールしたJDKのパスを設定し、OKをクリック
※設定されている場合は、この手順はスキップして下さい。

■設定するパス

C:\Program Files (x86)\配下にインストールした場合

・Oracle JDK

C:\Program Files (x86)\Java\jdk1.8.0_251\bin


・Open JDK(zulu)

C:\Program Files (x86)\Zulu\zulu-8\bin


​​​​


Javaが正常にインストールできていることの確認

コマンドプロントで以下のコマンドを実行する

java -version

以下画像のように、インストールしたJavaのバージョンが表示されていれば、正常にインストールされています。

4.Java Access Bridgeを有効にする


コマンドプロントで以下のコマンドを実行する

jabswitch /enable


5.DASおよびJavaアプリケーションを起動し、要素が認識できることを確認


​​

区分 確認Ver
手順 10.4.0.4

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。