パスワードストアの使用方法

フォローする

「パスワードストア」とは、ロボットが使用するパスワード情報を格納しておく場所です。
ロボットがシステムにアクセスする際に使用するユーザー名、パスワードをMCで管理することが可能で、パスワードはDSの「パスワード取得」ステップで取得することができます。

<パスワードストアの表示方法>
MCの「リポジトリ」タブ>「パスワードストア」タブをクリックする。

4225_01.png


下記は「パスワードストア」に格納したパスワード情報を使用するために行う設定の流れです。

1.「パスワードストア」でパスワード情報を作成する。

2.DSで「パスワードストア」を使用するための設定を行う。

3. 「パスワード取得」ステップを設定し、「パスワードアクセストークン」を取得する。

4.開発時用の「パスワードアクセスエントリ」を作成する。

5.運用時用の「パスワードアクセスエントリ」を作成する。

それぞれの手順については、下記を参考にしてください。

 

手順

■「パスワードストア」でパスワード情報を作成する

1.MCの「リポジトリ」タブ>「パスワードストア」タブを開く。

2.「新しいパスワード入力」をクリックする。

4225_02.png


3.「新しいパスワード入力」ダイアログの各項目に必要な情報を入力する。

項目名 説明
User Name システムにアクセスするためのユーザー名
ターゲットシステム


アクセスするシステム名
(正式名称である必要はありません。任意の名称を入力してください。)

パスワード システムにアクセスするためのパスワード
再入力 システムにアクセスするためのパスワード(確認用)



4.「保存」ボタンをクリックする。

4225_03.png

 

■ DSで「パスワードストア」を使用するための設定を行う

1.DSのツールバーから「設定」ボタン>「Design Studio設定」をクリックする。

4225_04.png

2.「Design Studio設定」ダイアログの「Management Consoles」タブをクリックする。

3.「パスワーストアとして使用」項目にチェックする。

4.「OK」ボタンをクリックする。

4225_05.png

 

■「パスワード取得」ステップを設定し、「パスワードアクセストークン」を取得する

1.DSで「パスワード取得」ステップを追加する。

4225_06.png

 

2.「パスワード取得」ステップの「アクション」タブ内に記載されている「パスワードアクセストークン」をメモする。
※MCで「パスワードアクセスエントリ」を作成する際に使用します。

3.「ユーザー名」項目に「新しいパスワード入力」ダイアログで設定したユーザー名を入力する。

4.「ターゲットシステム」項目に「新しいパスワード入力」ダイアログで設定したターゲットシステム名を入力する。

5.取得したパスワード情報を格納するパスワード型変数を選択する。

4225_07.png


■開発時用の「パスワードアクセスエントリ」を作成する

※ DSから「パスワードストア」に格納されたパスワード情報にアクセスできるようになります。


1.MCの「リポジトリ」タブ>「パスワードストア」タブを開く。

2.「新しいパスワードアクセスエントリ」をクリックする。

4225_08.png

 

3.「新しいパスワードアクセスエントリ」ダイアログの「パスワードアクセストークン」項目に、「パスワード取得」ステップに記載されていた「パスワードアクセストークン」を入力する。

4.「説明」項目に任意の説明を入力する。

5.「パスワード入力」項目で、紐づけたい作成済みのパスワード情報を選択する。
※対象を選択し、左矢印をクリックすると追加できます。

6.「保存」ボタンをクリックする。

4225_09.png

<例>作成されたパスワードアクセスエントリ

4225_09_2.png

 

■運用時用の「パスワードアクセスエントリ」を作成する

※ MCにアップロードしたロボットから「パスワードストア」に格納されたパスワード情報にアクセスできるようになります。ロボットやタイプ、スニペット等を再アップロードした場合は、再度下記の手順を実施する必要があります。
なお、再アップロード前のロボットが使用していた「パスワードアクセスエントリ」は削除しても問題ありません。

1.MCにロボットをアップロードする。

2.「リポジトリ」タブ>「ロボット」タブにて、手順1でアップロードしたロボットを右クリック>「ロボットのパスワードアクセストークンの追加/編集」を選択する。

4225_10.png

 

3.「パスワードアクセスエントリを追加」ダイアログの「説明」項目に任意の説明を入力する。

4.「パスワード入力」項目で、紐づけたい作成済みのパスワード情報を選択する。
※対象を選択し、左矢印をクリックすると追加できます。

5.「保存」ボタンをクリックする。
※「パスワードアクセストークン」項目には自動的に生成されたものが表示されるため、変更しないでください。

4225_11.png


<例>作成されたパスワードアクセスエントリ

4225_12.png

 

補足

・「パスワード情報」はプロジェクトごとに管理されます。

・プロジェクト間で「パスワード情報」を移動させることが可能です。
移動させる場合は対象のパスワード情報の「プロジェクトを移動する」ボタンをクリック>「移動」ダイアログの「ターゲットプロジェクト」項目で任意のプロジェクトを選択>「OK」ボタンをクリックしてください。
※「エントリの結合」項目にチェックを入れると、移動先に同じパスワード情報が存在する場合に上書きされます。ただし、設定されたパスワードに誤りがあった場合はエラーが発生します。

4225_13.png

 

・「パスワードストア」を使用できる権限については、下記ナレッジを参考にしてください。

<参考記事>
Management Consoleユーザー権限情報【10.4】
Management Consoleユーザー権限情報【10.3】
Management Consoleユーザー権限情報【10.2】
Management Consoleユーザー権限情報【10.1】

 

関連記事

MCに保存されるパスワード情報の暗号化方式
MCのパスワードストアにてパスワード変更時に使用できない文字列がある

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。