「Excel内ループ(Loop in Excel)」ステップで、読み込み行 (列)がなくなった場合のエラーを回避する処理

フォローする

.

DSの「Excel内ループ(Loop in Excel)」ステップでExcelの行(列)を読み込む際、読み込み行(列)がなくなった場合にエラーで処理が止まることを回避するためには、ループ処理の前にトライステップを追加してください。また、「Excel内ループ(Loop in Excel)」ステップにて「エラー処理(Error Handling)」タブの「Then」項目で「次の代替手段を試行(Try Next Alternative)」を選択してください。


手順

1. 「Excel内ループ(Loop in Excel)」ステップの前にトライステップを追加する。

3402_01.png


2. 「Excel内ループ(Loop in Excel)」ステップにて「エラー処理(Error Handling)」タブの「Then」項目で「次の代替手段を試行(Try Next Alternative)」を選択する。

3402_02.png

 

補足

読み込み行(列)がなくなった場合に何らかの処理を行いたい場合は、トライステップの下段に処理を作成してください。

3402_03.png


関連記事

DSで「Excel内ループ(Loop in Excel)」ステップで選択されているセルと並列・並行のセルから値を抽出する方法 
Excelで列方向のループ中に行方向のループを入れる方法について

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。