同一ロボットを同時実行させない方法

フォローする

概要

スケジュールの設定、Kappletによる手動実行などにより、意図せず同一ロボットを同時実行してしまうと、処理が2回行われてしまいます。

上記は、「ロボット同時起動数制限モジュール」を使用することで回避することが可能です。

また、同時実行できる最大回数を指定することも可能です。

 

作業手順

1.下記から「ロボット同時起動数制限モジュール」をダウンロードする。
 ・アドオンパッケージ と 補助ツール - 製品 - BizRobo! PORTAL

 

2.ダウンロードした「09_CtrlRunCnt.zip」を解凍する。

 

3.「09_CtrlRunCnt」フォルダ>「Tools」フォルダに格納されている「ao_09」フォルダを、BizRobo! のインストールフォルダにコピーする。

<例>BizRobo! のインストールフォルダパス
■Ver.10.3以前

C:\Program Files\Kapow {バージョン}\bin

■Ver.10.4以降

C:\Program Files\Kofax RPA{バージョン}\bin


4. 「09_CtrlRunCnt」フォルダ>「Library」フォルダに格納されているフォルダやファイルを、二重実行を防ぎたいロボットのプロジェクトフォルダ配下にコピーする。
<例>「My Robots」フォルダパス

C:\ユーザー名\Documents\My Robots


5.「ao09_CtrlRunCnt.snippet」と「ao09_ClearCtrlTable.robot」のパラメーターに値を入力する。
詳細については「09_CtrlRunCnt」フォルダに格納されている「README.txt」を参照してください。

 

6. 同時実行を防ぎたいロボットの先頭に、スニペットステップを作成する。


7.手順6で作成したスニペットステップの「スニペットを選択(Select a Snippet)」項目で「ao09_ CtrlRunCnt」を選択する。

 


<実行例>本記事の手順5で、同時実行可能な数を「2」に設定した場合

■MCの「ログ(Logs)」タブ>「ロボット実行(Robot Runs)」画面


■エラーで停止したロボットのロボットメッセージ

 

区分 確認Ver
手順 10.3.0.4

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。