ローカルに保存されている画像ファイルをDataURIに変換し、HTMLメールで送信する方法

フォローする

ローカルに保存されている画像ファイルをHTMLメールに埋め込むには、画像ファイルをBase64形式で変換し、DataURIとして記載する方法があります。 
※受信するメールソフトによっては画像が表示されない場合があります。 

下記は「メール送信(Send Email)」ステップにて設定する手順です。参考にしてください。 

手順 

1.画像ファイルを格納する「Binary」型の変数を作成する。
 01.png

2.「ファイル読込(Load File)」ステップを追加する。

3.「アクション」タブの「ファイル名(File Name)」項目にローカルに保存されている画像ファイルのパスを入力する。 

4.「出力値(Output)」項目で「変数に抽出(Extract to Variable)」を選択する。

5.「変数(Variable)」項目に手順1で作成した変数を選択する。
 02.png

6.メール送信(SendEmail)」ステップを追加する

7.「アクション」タブ内の「メッセージ(Message)」タブにて「メッセージ(Message)」項目の入力方法を「エクスプレッション(Expression)」に変更する。 
 03.png

8.「メッセージ」項目に 画像データをBase64形式でDataURIへ変換する式を記述する。 

下記は、変数Sampleに格納した画像ファイルを100x100サイズのimage(pngデータ)としてBase64形式で変換して扱う式です。参考にしてください。 

>><img src="<< + >>data:image/png;base64,<<+base64Encode(Sample) + >>" width="100" height="100"><< 

 04.png

9.「メッセージ タイプ(Message Type)」項目で「HTML」を選択する。
 05.png

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。